オーディオドラマの収録

新日曜名作座 藤沢周平短編集(全6回)
今月の初旬に、NHKラジオ第一のオーディオドラマの音楽を収録してきました。
クラリネット、マンドリン、バイオリン、ビオラ、チェロという5種の洋楽器に、三味線が加わった6人の編成で、作曲の池辺晋一郎先生ご本人が、スタジオの前で指揮して下さるという、とても素敵な収録でした。
池辺先生のキレのあるダジャレ(?!)が冴え渡り、終始和やかな雰囲気の現場でとても楽しかったです。

時代小説好きの方には、是非とも聴いて頂きたいです。

<追記. 2018.04.10>
尚、放送終了分は、次回までの1週間、オンデマンドでも聴くことができます。
NHKラジオ聞き逃し対応「新日曜名作座」
1回目の『明烏(あけがらす)』は「吉原」の流儀や習慣も分かって、とても興味深かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です