【5/9四谷】東音創作会

sousaku22.jpg
■2010/05/09(日)第二十二回 東音創作会
日時:5月9日(日) 午後1時開演(午後12時半開場)
会場:紀尾井小ホール(四ッ谷駅歩5分)
一、谷中のお仙(作詞 東音鈴木桜/作曲 東音高橋智久)
二、天岩屋(作詞/作曲 東音南谷舞)
三、七つ橋(作詞 岩下尚史/作曲 東音長坂雄太郎)
四、月の宮(作詞 小松原育胤/作曲 東音東音穂積大志)
五、蜘蛛糸鴫山騒動(作詞 壹岐達朗/作曲 東音簑田司郎)
六、煌~天・空・地(作詞 かずはじめ/作曲 東音赤星喜康・東音塚原勝利)
七、オチョコ傘(作詞 紀光郎/作曲 東音越智義乃)
八、西鶴一代女(昭和59年:作詞 海津勝一郎/作曲 東音中島勝祐)
◎今回は、四曲目「月の宮」の作曲をいたしました。「今昔物語」や、僧・良寛の長歌にも歌われている「月の兎」という物語からの創作長唄になります。
物語のあらすじ:
————–
天竺に兎・狐・猿の三匹の獣があって、共に菩薩の道に励んでいた。三匹の獣は、飢え痩せ衰えた老人を助けようと、猿は木の実、狐は魚をくわえ老人に与えた。一方、兎は何も食べ物を見つけることができない。覚悟を決めた兎は、わが身を火中に投じて、その身を老人に捧げた。その時老人は、御仏と転じ、兎の捨身の慈悲行を尊んで、兎の姿を月に写した。
————–
この内容を、あまりシリアスになりすぎないように注意しながら、従来の長唄の構成に従って作曲いたしました。是非とも会場にお運びいただき、ご意見やご感想をお聞かせいただけましたら幸いです。
チケットのお求めは、当サイトお問い合せよりご送信下さい。
穂積

コメントを残す