【7/15-19国立劇場小】創作舞踊「新・道成寺」

shinsaku.jpg
日本舞踊協会主催の新作舞踊公演「新・道成寺」に、
7月15日から19日までの5日間、全8回公演で出演しております。
今日(昨夜)が、第1回目の公演で、無事に終了しました。
スゴイの一言です。
舞踊家さんたちの情熱が、ものすごい大きなエネルギーとなって客席だけでなく、舞台全体に伝わってきます。それに合わせて演奏陣も、誰一人汗だくにならない人はいない、といった白熱した状況になっています。
「道成寺もの」というジャンルが、なぜここまで長きに渡って我々日本人を魅了してやまないのか、その理由が少し分かったような気がいたします。
公演日によっては、残席もわずかなようですが、当日券も販売しているようです(詳しくは、舞踊協会サイトをご覧下さい)。
是非ご都合がつきましたら、足をお運びいただきご覧いただけましたら幸いです。

【7/15-19国立劇場小】創作舞踊「新・道成寺」” に対して1件のコメントがあります。

  1. 田口 緑 より:

    穂積先生ごきげんよう。
    「月曜日」私にとってもっとも好きな曜日です。
    休日に来る孫や客人の出入りがなく、夫・娘を送り出してゆっくり出来るからです(ご笑納)
    楽しみにしていた録画を拝見しました。
    凄い!!の一言。
    今までもこのような舞台は存在していたのでしょうか。
    踊り手・弾き手の迫力に圧倒されました。
    洋楽の所謂ミュージカル等は指揮者が存在しますが、どのようにしてタイミングを合わせるのでしょう。踊りとバックの音がピッタリ合っていて素晴らしいですね。
    先生はお若いので心配いりませんが、長丁場お疲れのことでしょう。
    とても興味深く拝見しました。拍手。

コメントを残す