【11/26上野】長唄二題の会

長唄二題の会
<第三十二回>
【日時】2010年11月26日(金) 開場18:30 開演19:00
■「新曲胡蝶」
   唄 :東音小林百合
  三味線:杵屋五助 東音穂積大志
■「鳥羽の恋塚」
   唄 :杵屋三七郎 杵屋長壽郎
  三味線:東音大木啓衣 東音田口拓
【会場】お江戸上野広小路亭
   (台東区上野1-20-10 TEL:03-3833-1789)
【料金】2,000円
   (全席自由)
◎今月の二題の会は、「新曲胡蝶」を演奏いたします。
 長唄で「胡蝶」といいますと、舞踊の「連獅子」や「鏡獅子」で中間に挿入される、胡蝶二人の舞が有名です。この曲も同様に、美しい春の花に戯れる蝶の姿を表現していますが、舞踊や芝居を離れ、純粋な鑑賞曲として、明治37年に作曲されています。
 前半と終曲近くに蝶を表現した合方がありますが、特に後者については、「二上り三下り」という特殊な調弦を用いて、新しい効果を狙っています。この調弦は、日本の音楽で特徴的な「完全四度」の音程をあえて除いたところがポイントなのですが、詳しくは当日ご説明できればと思います。
チケットをお求めの方は、是非こちらからお問い合せ下さい。
お問い合せページ

コメントを残す