【2/25目黒・柿の木坂】日本の楽器─百花繚乱─

leaf_meguro2012.gif
日本の楽器 ─百花繚乱─ コンサート
≪残席わずかです!≫
【日時】 2012年02月25日(土) 18:30開演(18:00開場)
【会場】 めぐろパーシモン小ホール (東急東横線「都立大学駅」より徒歩7分)
【料金】 前売り 2500円/当日 2800円(全席自由)
◆プログラム◆
・冬の一日 パート2
◎SAKURA パラフレーズ
 【桜坂】福山雅治、【桜】河口恭吾、【さくら(独唱)】森山直太朗、【桜】コブクロ、【夜桜お七】坂本冬美
・日本の歌・民謡から
 花、荒城の月、お江戸日本橋、おてもやん、五木の子守歌、八木節
◎子供のための組曲
◆昨年4月に行われたチャリティコンサートの再演です。私は2曲目と4曲目に出演します。
 「SAKURAパラフレーズ」は、「桜」を唄ったポップスを和楽器にアレンジしたメドレーです。古来より、「桜」は、常に日本人にとって春を象徴する花であり、「吉野の桜、隅田の桜」と、多数唄われてきました。 時代が変わっても、「桜を歌う」ことは日本人の心に響くようで、ポップスにおいても多くのヒット曲が生まれています。皆さんの心に残っている「桜」のヒット曲を、和楽器の調べでお聴きいただきます。
 「子どものための組曲」は、今から約50年前、1964年に日本音楽集団の創立と共に生まれました。当時、ラジオで放送され、和楽器で演奏される全く新しい日本音楽に、多くの聴衆が衝撃を受けました。全体が5楽章に分かれ、それぞれの楽章で、各邦楽器(1楽章→筝、2楽章→尺八、3楽章→打楽器、4楽章→琵琶、5楽章→三味線・太鼓・十七絃)が特徴的に扱われています。
 4月のコンサートでは、最後に会場の皆さんと「ふるさと」を斉唱しました。今回は、またちょっと違った演奏を用意していますので、こちらも是非ご期待ください。
チケットをお求めの方は、是非こちらからお問い合せ下さい。
お問い合せページ

コメントを残す

前の記事

お弾き初めの録音

次の記事

上原社教館文化祭