10月10日龍馬伝(第41回)の三味線

何かと三味線の出番が多い、この「龍馬伝」ですが、第41回の放送「さらば高杉晋作」のワンシーンで、長唄「越後獅子」が使われていました。
そのシーンとは、
岩崎弥太郎が、大洲藩所有の「いろは丸」の借り受けを交渉するシーン。
長唄「越後獅子」の「さらし合方」が囃子入りで使われていました。
長唄「越後獅子」の成立は1811年。
「いろは丸」事件からさかのぼること約50年になります。

コメントを残す