「花嫁の父」と都鳥

http://www.mbs.jp/hanayome/
1月8日(日)にTBS系列で放映された新春ドラマ「花嫁の父」の中で、
使われていた三味線音楽は、長唄「都鳥」。
向井理さんが、ドラマの中で実際に弾いているのもこの曲の「前弾き」と言われる前奏部分です。
劇中で出てくる船宿が『みやこ鳥』という名前で、なんとなく見たことのある店構えだな・・
と思っていましたら、撮影協力は「船清」さんとのこと。
以前私も「船清」さんの屋形船で、何度か演奏させていただいたことがあります。
これをきっかけに、また長唄に興味や関心を寄せてくれる方が、一人でも増えてくれれば嬉しい限りです。

「花嫁の父」と都鳥” に対して2件のコメントがあります。

  1. 駒木 伊織 より:

    初めまして。私、日本語教師を目標にしています。でも‥それだけでは、海外では通じない現状です。何か‥私に出来ない事があるかなぁと考えていましたら‥花嫁の父で三味線を聴いたら知りたくなりました。いくらくらいかかりますか?

  2. 東音穂積大志 より:

    駒木様
    この度は、三味線教室ブログへコメントをいただきましてありがとうございます。
    三味線教室は、恵比寿と代々木上原が月2回土曜日開催(グループレッスン)で、4,500円の月謝となっております。また、他にも蒲田教室(火曜日19~22時)、目黒教室(水曜日10~21時)は個人教室で月謝1万円~です。
    ご見学と初回体験レッスンは随時受け付けておりますので、どうぞお気軽にいらしてください。ご連絡をお待ちしております。

コメントを残す